パリス・ジャクソン、亡き父マイケルの思い出をタトゥー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パリス・ジャクソンが亡き父マイケル・ジャクソンの思い出をタトゥーで刻んだ。3日(日)に18歳を迎えたばかりのパリスは、マイケルの手書きによる「Queen of My Heart(心の女王)」を刻み込んだ左手首の写真をインスタグラムに投稿し、「お父さんの手書きの『Queen of My Heart』。他のみんなにとってはキング・オブ・オップ。でも私にとっては心の王様」とコメントを添えた。

このタトゥーを担当したジャスティン・ルイスはインスタグラムにパリスとタトゥー店を一緒に訪れたいとこのオースティン・ブラウンの写真を投稿して、「パリス・マイケル・ジャクソンが父の言葉をタトゥーにした。とてもかわいらしいね」とその喜びを綴っている。

パリスは1958年8月29日に生まれた父の思い出となるタトゥーを入れたいという意向を以前から表しており、2011年には「August XXIX(8月29日)っていうタトゥーを背中に入れたい気がする」とツイートしていた。

急性プロポフォール中毒によりマイケルが50歳で他界してから今年の6月で7年を迎える。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop