ミーシャ・バートン、ロンドン移住を決めたのは普通の人間に戻るため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーシャ・バートン(30)は普通の人に戻りたくてロンドンに移住したのだそうだ。ドラマ『The O.C.』で人気となったミーシャだが、ドラマ終了後間もなくして自分がどういう人間なのか、将来どんなことがしたいのかを見つめ直すためにハリウッドに背を向けたのだという。イギリス滞在中には王立演劇学校で学んでいたミーシャは「良くも悪くも絶頂期っていう時期だったわ」「だからヨーロッパに引っ越して、自分自身やなりたい自分を見つける時間を取りにきたの」「本格的な自己発見のために必要な時間だったし、生まれ故郷にまた触れたかったの」「私らしくなれる時間が必要で、ただの一般人なりたかったの。そのバランスって重要だわ。あの時間をとれて本当に良かったと思っているの」と語った。

2009年に精神科病棟にも入院したことがあるミーシャは若干17歳にして『The O.C.』に出演しており、そんな若いころから世間の注目を浴びる生活になったことが辛かったとピープル誌に明かした。「女優業の好きなところを発見する必要があったの。だってある時点では常に監視されていることからその面白さを奪われてしまったんだもの」

その一方で最近では違った見方が出来るようになったそうで、「『The O.C.』の出演が決まった時、私は17歳で高校卒業したてだったわ」「私の人生においてすごく意味のある時間だったし、それに感謝もしているの。今はそれを受け入れて、喜べるわ」と続けた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop