パフ・ダディ、バッド・ボーイ・ファミリーのNY追加公演を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バッド・ボーイ・ファミリーの再集結コンサートのチケットが販売開始後わずか7分で完売となったことを受け、パフ・ダディことショーン・コムズが追加公演を発表した。来月20日に故ノートリアス・B.I.Gの44歳の誕生日を祝うためのコンサートを行うとショーンが先週発表したばかりだったが、そのあまりの人気ぶりに5月21日にもニューヨークのブルックリン地区にあるバークレーズ・センターで公演を行うと発表したのだ。ショーンはツイッターで「ブレーキングニュース!!ニューヨークでの追加コンサート!5月20日と21日はブルックリンに行くぜ!バッド・ボーイ・ファミリー・リユニオン・ツアー」とこのニュースを報せている。

そのコンサートには、ショーンをはじめ、ノートリアスの元妻フェイス・エヴァンス、リル・キム、ザ・ロックス、トータル、122、フレンチ・モンタナ、マリオ・ワイナンズ、メイス、ジェイ・Z、メアリー・J・ブライジら、豪華な面々が登場する予定だ。

さらにショーンは以前、この公演が普通なショーで終わらず「ヒップホップ界の歴史に残る」ものなると約束していた。「ただのコンサートじゃないんだ。ヒップホップ界の歴史に残るものだよ」「バッド・ボーイ・ファミリーには、全音楽を定義づけることを助けた音楽や曲を生み出したビッグネームがいるからね。それに、俺らは最高のアーティストの1人であるノートリアス・B.I.Gを祝福するんだ。振り返る夜なんだよ。みんなにコンサートで会うのが待ち遠しいぜ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop