ケイトリン・ジェンナー、タイム誌が選ぶ「最も影響力のある100人」に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイトリン・ジェンナー(66)がタイム誌の「2016年最も影響力のある100人」に選ばれた。昨年、それまで生きてきた男性ブルースとしての人生に別れを告げ、女性ケイトリンとして新たな道を歩み始めたケイトリンが、その女性化を公表した勇気を称えられ毎年恒例のこのリストの1人として選出された。

この100人のリストは、過去1年間において良い影響もしくは悪い影響を与えた人々を毎年タイム誌が選出するもので、女性40人、男性60人が選出された今年のリストにはケイトリンのほかに、レオナルド・ディカプリオ、イドリス・エルバ、メリッサ・マッカーシー、アデル、カーリー・クロス、アリアナ・グランデ、ドウェイン・ジョンソンら各界セレブたちが名を連ねる。

また、セレブ以外では、過去13年間で11回もリスト入りを果たしているバラク・オバマ米大統領、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ、最年少オリンピック金メダリストで今夏のリオデジャネイロオリンピックへの活躍が期待されるケイティ・レデッキーらの名が見られる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop