アルデン・エーレンライク、ハン・ソロ役に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルデン・エーレンライクが『スター・ウォーズ』スピンオフ作品の中で若き日のハン・ソロを演じることが決定した。間もなく日本でも公開される『ヘイル、シーザー!』にも出演しているアルデンは、ハリソン・フォードが務めてきたアイコン的キャラクターに向けて契約間近だという。

ディズニーとルーカスフィルム社とスタジオ側はこれまで数多くの若手俳優を対象にオーディションを行ってきており、これまで候補にはアルデンのほかにも『セッション』のマイルズ・テラー、『きっと、星のせいじゃない。』のアンセル・エルゴート、デイヴ・フランコ、ジャック・レイナー、スコット・イーストウッド、タロン・エガートンらの名前が挙がっていたと言われていた。

このスピンオフ作品では1977年作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』にハン・ソロが登場するまでの人生を明かすストーリーとなっており、その中ではチューバッカとハン・ソロのことについても語られるようだ。2012年にルーカスフィルムがディズニーの傘下に入るまでの作品に基づき展開された「スター・ウォーズ・エクスパンデッド・ユニバース」の小説やコミックの中ではハン・ソロの若かりし頃の話がつづられているものもいくつかあり、それらも今回のスピンオフ作に影響を与えるのではないかと言われている。

『LEGO ムービー』で知られるフィル・ロードとクリス・ミラーのコンビがメガホンを取ることが決定しており、この新作について2人は「ハン・ソロとチューイーが出会ったころ」に焦点を当てた作品になると以前コメントしていた。

2018年5月25日公開予定の同作品には現在、『ハン・ソロ:ア・スター・ウォーズ・ストーリー』という仮タイトルがつけられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop