ジョニー・マクデイド、コートニー・コックスとの復縁を認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニー・マクデイド(39)が昨年12月に婚約解消していたコートニー・コックス(51)と復縁していたことを認めた。1年半の婚約期間を経て破局していた2人が最近になってよりを戻したのではないかという噂が浮上していたが、10日(火)にビバリーヒルズにあるビバリーウィルシャー・フォーシーズンズ・ホテルで開かれたBMIポップ・アワードに揃って登場したことで復縁が事実であることを公表した。

正式に復縁したということかと尋ねられると、コートニーは笑顔を浮かべ、ジョニーは「僕らを見てくれよ。僕は彼女を愛しているよ。ずっと愛しているんだ」と答えたが、2人がまた結婚を考えているのかという点については触れようとせず、ジョニーはE!ニュースに「先に賞を取らせてくれよ」と笑って交わした。

2人は3月末のイースター休暇の際にコートニーの11歳の娘ココちゃんも交えてマリブで一緒に昼食を取ったり、買い物をしたりととても幸せそうな様子を目撃されたことで、復縁したのではないかという噂が浮上していた。その様子を収めた写真が公になった際、コートニーの代理人は「2人はお互いのことをとても気にかけていて、一緒に時を過ごしています」とだけコメントしていた。

その後にはココちゃんが2人の関係修正に一役買っていたとも報じられており、ある関係者は当時、「ココが2人にもう1度やり直すように頼み込んだんです」「ここはママがジョニーと別れた時にとてもがっかりしていたので、それ以来キューピッド役を担っているんですよ」「イースターに2人を引き合わせて話し合いをさせたんです。それでコートニーとジョニーはまだ愛し合っていることに気づいたんですよ。どうやら2人はもっと妥協する気になっているようです」と話していた。

アメリカでの活動中コートニーの家に住んでいた共通の友人エド・シーランを通じて2人は2013年から交際をスタートさせている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop