オアシスのドキュメンタリー映画、タイトルは『スーパーソニック』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オアシスのドキュメンタリーのタイトルが1994年のデビューシングル『スーパーソニック』の名を冠することに決定した。7月16日より公開予定のエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー映画『AMY エイミー』の製作チームが本作を手掛けており、オアシスへの前例のないほどの取材を許されているいるという。リアムとノエルのギャラガー兄弟や他のメンバーに加え、オアシスを世界でも最も成功したバンドの1つへと成長させたのに欠かせない人々が本作のためにすでにインタビューに応じているという。

オン・ザ・コーナー社のジェームス・ゲイ・リースをプロデュース、アジフ・カパディアを製作総指揮に迎え、マット・ホワイトクロスがメガホンを取る本作は、1991年の同バンドの結成当時や、25万人を動員した1996年のネブワースパークでの歴史的コンサート、さらには世界中で2000万枚もの売上を記録したセカンドアルバム『モーニング・グローリー』への成功などを捉えながら、オアシスの成功の軌跡を追う内容となる。

ネブワースパークでのコンサートには、20日間公演ができるほどの約260万件のチケット予約が殺到するほどの人気ぶりだった。

ノエルはオアシスについて「観客から発せられるあの愛、雰囲気、情熱、怒り、喜び、というよりむしろ、それがオアシスたるものだね」とコメントし、リアムは「オアシスは、見るのも、運転するのも楽しくて、時々速すぎるスピードを出すとスピンしてコントロールを失うフェラーリみたいなものなんだ。その一瞬一瞬が大好きなんだよ」と表現している。

英国では、ロートン・ディストリビューションから10月に公開を予定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop