女性の腕に噛みついた子ザメが取れなくなる事態が発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腕に噛みついた子ザメが取れなくなり、病院に駆け込む事態になった女性がいるようだ。23歳のこの女性が15日(日)、フロリダ州にあるレッド・リーフ・パークで見つけた全長60センチほどのこの子ザメをなでていたところ、突然子ザメが狂暴化し女性の腕に噛みついたのだという。その様子を目撃した人物は「サメはあきらめませんでした」「ほぼ呼吸も出来ていない様子なのに、女性の腕から離れようとしなかったんです。何かに引っかかっているかのようでした」と状況を説明している。

その後この女性はボカラトンにある病院へと駆け込み、手術でサメを取ってもらうこととなったが、残念ながらサメは生き延びることができなかったという。

アメリカ合衆国国立公園局は今回の件に関して、「サメが人間を襲うことはまれですが、全くないというわけではありません」「このような反射的な咬合は、静かに水中へ戻ろうとする子ザメが邪魔になっている相手から離れてリラックスしようとする数分前に起きることがあります。この小さな歯が深くまで刺さることはめったにないですが、とても鋭いものです」「じっとしていることでサメと人間両方へのダメージを押さえることが出来ます。サメには近寄らないのが最善です」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop