ジョシュ・デュアメル、『トランスフォーマー』第5弾へ再び!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョシュ・デュアメルがシリーズ第5弾『トランスフォーマー:ザ・ラスト・ナイト』に再び登場することが決定した。第1弾から第3弾までの3作品に登場していたレノックス大佐を演じていたジョシュは第4弾となる2014年作『トランスフォーマー/ロストエイジ』には出演しておらず、今回第5弾で再び返り咲くことになった。

『トランスフォーマー』公式ツイッターで17日(火)、「レノックス大佐が戻ってきた。宇宙はもう、安全だ」というツイートが投稿され、ジョシュの出演が伝えられている。

ちなみに第4弾作品にはジョシュだけでなく、それまでシリーズに登場していたシャイア・ラブーフやミーガン・フォックスも出演していなかったのだが、今回の新作に2人が再び戻ってくるのかは今のところわかっていない。

現在のところこの作品には『トランスフォーマー/ロストエイジ』からケイド・イェーガーを演じているマーク・ウォールバーグ、米子供向け専門チャンネル「ニコロデオン」で活躍中の女優イザベラ・モナーが女性メインキャラクターとして登場することが明らかになっている。

オートボットのオプティマスプライム、バンブルビー、サイドスワイプ、ホイルジャック、グリムロックがメインキャラクターとなる第5弾の撮影が今週からキューバでスタートすることが先日伝えられた同作品は、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるパラマウント・ピクチャーズの『トランスフォーマー:ザ・ラスト・ナイト』はアレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、アーレン・クルーガー、アート・マーカム、マット・ホロウェイ、ケン・ノーランが脚本を担当した。

公開予定日はまだ決まっていないが、来年には公開されるとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop