ライアン・シークレスト、自身のスポーツウェアをローンチへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライアン・シークレスト(41)がスポーツウェアのカプセルコレクション「ライアン・シークレスト・ディスティンクション・リオ」をローンチすることになった。『アメリカン・アイドル』の司会などで知られるライアンは、2014年に「ライアン・シークレスト・ディスティンクション」のファッションラインを始動させ、その翌年には小物コレクションも展開していたが、このほどウィンドプルーフ・ジャケット、ポロシャツ、水着、シャツなどを含むスポーツウェアアイテム13点を新たに発表することになった。 

WWDオンラインの取材に応じたライアンは「(これは僕の)スポーツウェアへの第一歩なんだ」「このジャンルで勝負するのは初めてのことだよ」とし、同コレクションのインスピレーションについては今夏に開催されるオリンピックとその開催地ブラジルから受けたそうで、「リオのリズム、地理、色がアイテムに反映されているよ」と説明した。ライアンはオリンピック情報を発信するNBC局の番組『レイト・ナイト・オリンピック』にも出演が決まっている。

「ライアン・シークレスト・ディスティンクション・リオ」は来月15日から米百貨店メイシーズの150店舗とウェブサイトで発売となる予定で、同百貨店の副社長でメンズ・ファッションのディレクターを務めるデュランド・ギオン氏はライアンがこのカプセルコレクションを手掛けたことについて「我々は『仕立てのスーツとネクタイをリオで着ることはないですよね』と言いました。それで、このカプセルコレクションを制作する道が開けたのです。このプロジェクトは自然発生的に急速に始まったことなのです。頭のてっぺんからつま先まで全体的なコンセプトを作りあげるのと、ストーリーを伝えるのは私達にとって新しいことですが、それに取り組むのは面白かったです」と話す。

ライアンはまた、皮膚科専門医のハロルド・ランサーとタッグを組んでメンズグルーミングの新プロジェクトを始動させており、来年にもお目見えとなるのではといわれている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop