リアム・ギャラガー、 新曲作り開始へ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアム・ギャラガーが新曲のレコーディングでスタジオ入りするとみられている。兄ノエル・ギャラガーがオアシス再結成に合意するのを待つのを諦め、リアムは自身の音楽を作る決意を固めたのだという。

ある関係者はザ・サン紙に「遂にリアムが覚悟を決めたようです。リアムがオアシスの再結成を諦めて、目標とする何かを遂に持ったことに友人達は喜んでいますよ」と語る。

また、リアムの公式ツイッターには「たくさんのエキサイティングなことが起こっている。リングに戻る時がやってきた。電話をくれよ、ローヴァー」と投稿され、復帰をほのめかすコメントがされている。

リアムとノエルが大喧嘩をした後にノエルが脱退したことでオアシスは2009年8月に解散している。解散後ノエルはノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとして批評家陣からも高評価を得て成功したアルバム2作品をリリースした一方で、リアムは元オアシスのメンバーであるゲム・アーチャー、アンディ・ベル、クリス・シャーロックと共に新バンド、ビーディ・アイを結成した。ビーディ・アイはアルバム2枚をリリースしたものの2014年に解散しており、それ以来リアムは新曲をリリースしていない。

そんな中、19日に開催された英アイヴァー・ノヴェロ賞の授賞式の席で、元オアシスのマネージャーであるアラン・マッギーがリアムについてBANGショービズにこう語っていた。「リアムは天才ですし、自分の用意ができれば、何かやりますよ。よいソングライターです。オアシスでたくさん曲を書きましたし、ビーディ・アイでは運がわるかったですね。彼らの『フリック・オブ・ザ・フィンガー』は素晴らしい作品ですし、あれはリアムが書いたものです。リアムが大きくなって復帰するのは分かってます。リアムが大好きです。彼も自分がリアムを好きだって分かっているはずです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop