セリーヌ・ディオン、夫がベッドから転落して他界したことを明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリーヌ・ディオンの夫がベッドから転落したことでこの世を去っていたことが明らかになった。咽喉がんの闘病生活の末、今年1月に73歳で他界したレネ・アンジェリルが死亡時、床に倒れている姿を看護婦によって発見されていたことをセリーヌが明かした。「レネは私の腕の中で安らかに眠りたかったんだけど、あの晩私はステージで歌っていたの。彼は1月13日から14日にかけての夜に息を引き取ったわ。たぶん立ち上がろうとして転んで床に倒れてしまったのね」「普段だったらショーの後、彼に夜の薬を飲ませて、キスをして布団をかけて寝かせるんだけど、あの日は彼を起こしたくなかったからそれをしなかったの。翌日になって看護婦が彼を見つけたのよ。看護婦は動転して私のところに来たわ。それで私も彼の部屋に向かったの」

亡き夫との間に15歳のレネ・チャールズと5歳の双子ネルソンとエディをもうけているセリーヌは、レネが転んだ時に怪我をして苦しんでいたのではないかという可能性に悩まされていたとパリ・マッチ誌に続けており、「お医者様に電話したんだけど、『レネはもう苦しむ必要がないわ。これで良かったのよ』とお医者様をなぐさめるくらいだったわ」「その後、お医者様たちはレネに骨折や怪我、出血などがなかったと確認したの。それが私はずっと気になっていたのよ」と語った。

またセリーヌは先日、夫の死後に安らぎを覚えていると心境を吐露していた。「私はとにかく子供たちにお母さんは強いんだってことを見せたいの。レネは常にショーは続けなければいけないって言っていたわ。私は48歳で人生で最愛の人を失った。でもね、元気だった時の彼がいなくなってしまったことを寂しくは思うけど、苦しんでいた時の彼を寂しく思うことはないの。自分勝手になってはいけないわ。逝かせてあげないといけないのよ。私は安らぎを覚えているわ」「彼は私にこの全ての力強さを残して逝ってくれた。今だって毎日彼とは生活を共にしているの。ただ体がそこにないだけよ。彼がもう苦しんでいないってことに感謝しているの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop