ライアン・テダーとアデル、コラボはエレベーターの故障がきっかけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンリパブリックのライアン・テダーとアデルのコラボはグラミー賞でのエレベーターの故障がきっかけだったという。アデルの第3作アルバム『25』に参加しているライアンだが、エレベーターに閉じ込められていた際にアデルがライアンに曲を書いてもらおうと連絡していたところだと話題にしたことで、ライアンが喜んでそれを引き受けたのだという。

ライアンは当時を振り返り、「俺たちはグラミー賞の晩にロサンゼルスにあるロンドン・ホテルで一緒にエレベーターに閉じ込められてしまったんだ。アデルは当時最優秀新人賞を獲得したところで、20個くらいの風船を持っていたんだよ。それでアデルと俺とその風船っていう状況で彼女が『こんなに風船あってごめんなさいね』って言って、『あなたとずっと連絡取ろうとしているところだったんだけど』って言ってきたんだ。それで俺は『え?』って感じだったんだけど、アデルは『本当よ。私あなたの大ファンなの。私に曲を書いてもらえないかしら?』って言ってきたんだ。当時アメリカでは彼女は全く知られてなかったから、あのグラミー賞は全くの予想外だったんだけど、俺は『19』がすごく好きだったから事務所に『アデルの事務所に連絡が取れるんだったら、彼女がイギリスを中心にアーティストでもなんでも関係なく、一緒に仕事がしたいよ』って伝えたんだよ」とNMEに説明した。

過去にはビヨンセやU2、グウェン・ステファニーやテイラー・スウィフトなど数々の大物アーティストに曲を提供してきているライアンは、『25』に収録された『ターニング・テーブルズ』でアデルととても気が合ったそうで、曲の完成時にはアデルが感激のあまり涙した位だったという。「だから仕事の流れは自然なものだったよ。スタジオ初日に俺が『ターニング・テーブルズ』のアイデアを思いついたんだ。フレーズがアデルの『チェイシング・ペイヴメンツ』を彷彿させるものだったからね。それでその曲に取りかかって、レコーディングして、その晩には彼女に『さっきの曲を聴いているんだけど、鳥肌が立つよ』ってメッセージを送っていたくらいさ」「そしたら彼女も『私も聴いているんだけど、涙が出ちゃうわ。それって良いサインかもね』って返してきたよ」「それですっかり意気投合して、今では彼女は俺のお気に入りの1人だよ」とその息の合った制作過程を明かした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop