ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニー・デップ(52)の弁護士が、アンバー・ハード(30)が金銭面での合意を得るためにジョニーが暴力を振ったと主張したと反論を展開した。暴力を受けたとして100ヤード(約91メートル)以内に近づくことを禁ずる接近禁止令をジョニーに対して獲得したアンバーだが、『エンターテイメント・トゥナイト』によれば、ジョニーの弁護士ローラ・ワッサーは法的書類の中で、「アンバーは、虐待されたと主張することで、迅速な金銭的な解決を探っています」と主張している。ジョニーの母親ベティ・スー・パーマーが亡くなったわずか3日後にアンバーが離婚を申請し配偶者扶養料を求めていたが、推定4億ドル(約440億円)の資産を持つといわれるジョニーは裁判官に対しそれを認めることのないよう求めていた。バラエティ誌によれば、アンバーは、ジョニーからiPhoneを投げつけられ、アザができたことから離婚を決心したといい、法的書類の中で15か月間の結婚生活の中で、「感情的、身体的、言葉の虐待を受けていた」と主張していた。 

とはいえ、ここにきてアンバー・ハードはそのiPhoneを投げつけるほどの喧嘩をして警察が駆けつけた際には、アンバーはただの喧嘩をしていただけで、暴力を振るわれたとも主張することなく、怪我を負っている様子もなかったと 複数の関係者がTMZに伝えているともいわれている。

2011年作『ラム・ダイアリー』の共演で出会い2015年2月に結婚した2人は、婚前契約を結んでいないとみられている。

ジョニーは、メークアップアーティストのロリ・アン・アリソンと1985年に結婚したものの2年後に離婚となりパートナーのヴァネッサ・パラディとは娘リリー=ローズと息子ジャックをもうけたものの、2012年に破局していた。一方のアンバーは、2011年までタスヤ・ヴァン・リーと交際していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop