『トワイライト』のジャクソン・ラスボーンに第2子誕生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トライライト」シリーズのジャスパー・ヘイル役としてお馴染みのジャクソン・ラスボーンと妻シェイラ・ハフサディとの間に31日、第2子が誕生したことが分かった。産まれた子は女の子でプレスリー・ボウイちゃんと名付けられたようだ。

ジャクソンはインスタグラムに、シェイラと帝王切開で産まれたばかりのプレスリーちゃんと一緒に分娩室で写ったモノクロ写真を投稿し、「本日!!僕らの娘が産まれました!!プレスリー・ボウイ・ラスボーン、8.2ポンド(約3685グラム)午前8時38分、喜びと愛とともに誕生」とコメントを添えている。

今年3月、2013年に結婚した2人に3歳になる息子モンロー・ジャクソン君の妹が誕生することになると、ジャクソンはシェイラの膨らんだお腹の写ったを公開して発表していた。

また、俳優としても着実にキャリアを築いてきているジャクソンだが、以前には、人生の中で一番の達成したいことは父親になることだと話していたことがあった。モンロー君が生まれる前に「人生の中で期待する最も素晴らしいことの1つは、父親になることだよ。とても楽しみだね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop