リサ・クドロー、映画版『あかちゃん社長がやってきた』へ参加決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサ・クドローがドリームワークスの送る新作アニメ映画『ボス・ベイビー』のキャストに加わった。ドラマ『フレンズ』などで知られるリサは、アレック・ボールドウィンが赤ん坊の声を務める同新作にジミー・キンメル、パットン・オズワルト、スティーヴ・ブシェミ、トム・マクグラスらと共に声の出演を果たす。

マーラ・フレイジーによる絵本『あかちゃん社長がやってきた』を原作としたこの作品は『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』にも携わったマイケル・マカラーズが脚本を執筆しており、7歳の少年が常に注目の的となっている赤ん坊の弟に嫉妬心を燃やすが、実はその赤ちゃん社長が世界の均衡を崩そうとする会社のCEOに利用されているということを知るといった内容になっている。

この中でリサはトムと共に主役兄弟の両親の声を務めることになり、スティーヴが悪役を務めるようだ。

『ボス・ベイビー』は2017年4月公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop