ビージーズのバリー・ギブ、グラストンベリーでのコールドプレイとの競演をキャンセル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビージーズのバリー・ギブが予定されていたグラストンベリー・フェスティバルでのコールドプレイとの競演をキャンセルした。70年代に人気を博したビージーズの唯一の生存メンバーであるバリーは、今月に行われる同フェスでコールドプレイと共にメインの会場であるピラミッド・ステージに立つ予定となっていたが、親族の健康状態がすぐれないため、フロリダを離れることは出来ないとして、イギリスで行われるそのフェスへの出演を取りやめたという。

バリーに親しい人物の1人は「バリーは親しい家族の1人の体調が良くないのでフロリダに残ってそばにいる必要があるんです。それでも出演したら驚きですよ。グラストンベリーで演奏することをとても楽しみにしていたので、本人もとてもがっかりしています」「バリーは(コールドプレイの)クリス(マーティン)やメンバーと親しいですし、がっかりさせたくなかったのですが、リハーサルのためにイングランドに行く時間がないのです」と説明している。

イギリスで開かれる同有名フェスティバルではコールドプレイのほかにもアデルやミューズなど、世界的に有名なアーティストが登場する。その中でもコールドプレイはバリーの参加により、自身らのセットをさらに特別なものにしようとしていたそうで、前述の関係者はザ・サン紙に「コールドプレイはバリーの出演に合わせて大規模で多彩なセットを用意していました。メドレーが中心で取り入れられる予定でした。でも今回のバリーのキャンセルを受け、白紙に戻って違ったサプライズを企画することになりますが、現在ワールドツアー中の彼らにとっては厳しい状況ではあります」と続けた。

コールドプレイが同人気フェスでヘッドライナーを務めるのは2002年、2005年、2011年に続き今回が4度目の史上最多となる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop