モハメド・アリの孫、初のモデル契約!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モハメド・アリの孫ビアッジオ・アリ・ウォルシュ(17)が、初めてモデル契約を結んだ。アリの娘の息子にあたるビアッジオが14日(火)、ダラスを拠点とするモデル事務所ウィルヘルミーナ・モデルズと契約を結んだことをツイッターで発表した。「ウィルヘルミーナ・モデルズと契約を交わしたことに興奮してるんだ!ありがとう、ウィルヘルミーナのみんなと働くのを楽しみにしているよ!」

1967年創業のこの事務所には、ミュージシャンのニック・ジョナスやデミ・ロヴァート、ヴィクトリアズ・シークレット・モデルのデヴォン・ウィンザーらも所属している。

そんなビアッジオは最近、ブリーチャー・リポートによる動画の中で、今月3日に74歳で亡くなった祖母のアリと自身の似た部分について「自分と祖父との間で似ている部分があるとすれば、それはスピードだね」と話し、またビアッジオの高校のアメリカンフットボールコーチは「ビアッジオはこの国で最もスピード力のある青年の1人です」「アメリカ合衆国の中でも彼は40ヤード(約36.6メートル)走で最も速い走者の1人なんですよ」とビアッジオの身体能力にお墨付きを与えた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop