ミートローフ、コンサート中に倒れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミートローフ(68)が16日(木)に行われたコンサートのステージで倒れ、病院へ搬送された。ミートローフはカナダのエドモントンにあるジュビリー劇場でヒット曲『愛にすべてを捧ぐ』を歌っていたところ、突然倒れて意識を失った様子で、バンドメンバーが慌てて助けに駆け寄った後に病院へ搬送される事態となった。

コンサートに訪れていたリンジー・サンドマークさんはエドモントン・ジャーナル紙に「『愛に全てを捧ぐ』を歌っていたら突然その真っただ中にステージで倒れ込んだんです」「私たちはそれがパフォーマンスの一部なのか本当なのか最初は分かりませんでした」と話す。またブリット・ブルーワーさんは「最初はドラマチックにステージに倒れ込んだだけのように見えました」と続けている。一方でマイキー・マクブライアンさんはミートローフが倒れる前に辛そうな様子に見えたとしており、「彼は歌詞を忘れている感じでタイミングもあっていませんでしたが、許せる範囲内でした。みんなコンサートをとても楽しんでいたのに突然事態が急変したんです」と説明した。

ミートローフが倒れた様子を写した動画は多くの観客によって収められており、その中には救急隊員がステージに駆け付ける様子が見られるものもある。

アルバート・ヘルス・サービスはグローバル・ニュースに対して、同会場から1人が失神発作によりエドモントン内の病院へ搬送されたことを認めたが、病状の詳細については明かされていない。

ミートローフは今月になって体調不良を理由に11日のレジャイナ公演と14日のカルガリー公演をキャンセルしていた。また2011年にはピッツバーグのコンサート中に一度倒れたが、その際にはパフォーマンスを続行することが出来ていた。しかし2003年にロンドン公演の最中に倒れた際には病院へと搬送されていた。

ミートローフはぜんそくのほか不整脈の持病を抱えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop