クリス・ブラウン、マネージャーへの暴力で訴えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ブラウン(27)はマネージャーに暴力を振ったとして訴えられている。マイク・G氏が、先月にクリスから顔と首を繰り返し殴られるなどして残酷に襲われた後、病院へ搬送されることになったと主張している。

マイク・Gの弁護人パティ・グレイザー氏はTMZに対し「クリス・ブラウンに傷をつけないために、公の場ではないところで解決するようできることは全てしました。残念ながら、我々の訴状の筋を立てていく中で、クリス・ブラウンは自分自身が最大の敵だということを証明してしまったのです」と話す。

クリスは2009年のリアーナへの暴行に対する罪状を認めた後、ナイトヴィジョン・マネジメントのオーナーであるマイク・Gをイメージ回復を計る目的で2012年に雇用したといわれていた。マイクの連絡先はまだクリスのウェブサイトに記載されている状態だ。

そんなクリスは1か月ほど前にもある男性の頭を踏みつけたとされていた。カンヌ国際映画祭が開催されていた先月18日に、ナイトクラブでステージに立った際、クリスが大勢の観客から逃れようとした後にマレク・モクラーニさんの頭を踏みつけるような場面をとらえた映像が公になっていた。マレクさんが喧嘩を始めたかどうかは明らかになっていないが、マレクさんは頭と首の痛みに対する治療を受け、顔にはひどいアザが残り、首に頚椎装具をつけた姿も目撃されていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop