ダニエル・クレイグ、ロス暴動を描いた新作でハル・ベリーと共演?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・クレイグがハル・ベリーの出演が決まっている『キングス』に出演する可能性が出てきた。この新作は1992年、黒人タクシードライバーのロドニー・キングがロサンゼルス警察に逮捕された際、4人の警察官から必要以上の暴行を受けたにも関わらず警察官たちが無罪となったことをきっかけに勃発したロス暴動を題材に描かれる。

55人が死亡したこの暴動では、建物への被害総額が10億ドル(約1000億円)以上に登ったともいわれている。

ダニエルが現在交渉を行っている役はロサンゼルスのサウス・セントラルに暮らす独り身の男性で、ハル演じるキャラクターに恋をする役どころのようだ。作品の中ではこの男性が暴動の最中、ハル演じる女性とその子供を守るために奮闘する姿が描かれることになる。

映画『マスタング』を手掛けたトルコ人監督ドゥニズ・ガムゼ・エルグヴァンが、この作品で英語映画デビューを飾ることが決定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop