ダニエル・ラドクリフ、またハリー・ポッター役へ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・ラドクリフ(26)が将来的にまたハリー・ポッター役を演じる可能性をほのめかした。J・K・ローリング著作の人気小説を原作とした同名人気シリーズで主役を演じたダニエルは、自身を世界的なスターにしたその役をまた演じる可能性があるとしてファン達を喜ばせた。

マジシャンを演じている『グランド・イリュージョン2』の公開が海外で間もなく始まるダニエルは、条件さえ揃えば大人になったハリーを演じるつもりがあるとしており、「脚本にもよるよ。それに並外れた状況である必要があるね。でも間違いなくハリソン・フォードもハン・ソロのことを同じように言っていたと思うし、それでどうなったか見てみてよ!だから今は『ノー』というけど、将来的な可能性は残しておくよ」とコメントした。

ハリーを演じたダニエルと同様に、その友人役を演じたエマ・ワトソンとルパート・グリントも一躍有名になったが、今後またその役を演じるつもりがあるかどうかは分かっていない。

ハリーを演じてからかなりの月日が経過しているものの、ダニエルはいまだに日本とメキシコでポッターファン達に囲まれるそうで、ラジオ・タイムズ誌に「『僕はここは歩き回れないな』って思う場所が2か所あるんだ」「幼いころはどうせ1人で出かけることはなかったから、今の方がきついんだ。それに当時はファンの子たちも家で両親と見ていたって感じだったけど、今はみんな20代になっているしね。だから僕が10代の頃よりもポッターの大ファン達に会う可能性が今の方が高いんだよ」と語っていた。

ロンドンのウェスト・エンドでは来月から舞台作『ハリー・ポッターと呪いの子』が上演予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop