エミリー・ブラント、第2子となる女児を出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エミリー・ブラント(33)が夫ジョン・クラシンスキー(36)との間に第2子を出産した。アメリカの独立記念日であった4日(月)、2週間前に第2子となる娘バイオレットちゃんが誕生していたことをジョンが自身のツイッターで発表した。「4人目の家族を迎えたことを発表する以上に最高な独立記念日のお祝いの仕方なんてあるかな!!!2週間前、僕らの美しい娘バイオレットがやってきたよ」

2010年に結婚したエミリーとジョンは2歳になる娘ヘイゼルちゃんをすでにもうけており、今年1月に第2子の妊娠を発表していた。

以前エミリーはヘイゼルちゃんの面倒を見るのが忙しく、自身が妊娠していることを忘れてしまうことがあるとインタビューの中で語っていたことがある。「1人目の妊娠って一番自分の好きなことをやれる時よね。マッサージをうけたり、妊婦向けのヨガをやったり、催眠療法のCDを聞いたりね。でも2人目の今は、妊娠していることすら忘れちゃうことがあるのよ。2歳の娘の世話に忙しすぎてね」

またエミリーは別のインタビューで母親になったことで将来、選ぶ役柄を考え直すことになるだろうと話していた。「セクシーな役はやらないかもしれないわね。ヌードになるような役はもう興味がないの。だってわたしはもう22歳じゃないしね。前にやったことがあるから別に道徳的な観点から見ての話じゃないの。私がそういった役をもう一度やりたいかってことなのよね」「そういうシーンがこの映画に必要なのか、ただ見せたいだけなのかってことじゃない?だってほとんどの場合が必要じゃないように感じるの。あと、暴力的だったり差別的なキャラクターを演じるのは私にとって今は辛いわね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop