ジェームズ・キャメロン監督、演技とダンスが苦手!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェームズ・キャメロン監督が演技とダンスが苦手であることをジェイミー・リー・カーティスが明かした。1994年のキャメロン監督作『トゥルーライズ』で一緒に仕事をしたことがあるジェイミーは、『タイタニック』や『アバター』の生みの親であるキャメロンが「とても才能ある人」だとしたうえで、仕事には関係ないものの本人は演技やダンスが苦手だとVariety.comのインタビューで語った。

キャメロンについてジェイミーは「これだけは言っておくわ、ジェームズ・キャメロンはとても才能ある人よ」「彼は映画において他のスタッフや誰よりも最高な仕事ができるの。でもただ1つ出来ないことがあって、それは演技とダンスなのよ」と話した。

19歳の時に出演した『ハロウィン』で一躍有名になったジェイミーだが、ハリウッドの世界が厳しいものであると感じているそうで、以前に行われたインタビューでは「すごく残酷な業界よ。誰かが歳を取ったとか、昔に比べて見た目が変わったとかでメディアが大騒ぎしているのを見るのは屈辱的だわ。私は自分で決めた時に辞めるつもりよ。人間の自然な進化に対して罰せられたくはないもの」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop