公演中倒れたエアロスミスのジョー・ペリー、現在は容態安定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エアロスミスのジョー・ペリー(65)が10日(日)のニューヨークでのパフォーマンス中に倒れていたが、その後状態は安定しているようだ。アリス・クーパーとジョニー・デップと組んでいるスーパーバンド、ハリウッド・ヴァンパイアーズの一員としてその日ステージに立っていたジョーはステージ上で倒れ、救急隊員からの応急処置の後に危篤の状態でコーニー・アイランド病院に午後9時30分ごろに搬送されていた。

ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄によれば、ペリーは舞台裏で意識を失い、心拍停止の状態にまで陥っていたという。ある目撃者は、病院搬送の前に救急隊員がジョーに心肺蘇生を試みていたと証言している。

その後、アリスがペリーの状況をツイッターで「俺の兄弟ジョー・ペリーについてみんな聞いてくれてありがとう!今奴は容態が安定しているよ。家族と一緒にいて、最善の処置を受けているのさ」と報告しており、最初の病院からコロンビア・プレスビテリアン病院に移送されたペリーは、現時点で容態が安定しているとみられている。

10日のパフォーマンスは、ペリーが病院搬送された後も続行し、公演がスタートする前からペリーの具合が悪かったとアリスが観客に伝えていた。「俺らの兄弟の1人がステージに一緒にいないのを気付いているかもね。彼は公演の前にかなり具合が悪かったんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop