アーノルド・シュワルツェネッガー、いまだに離婚が進まず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーノルド・シュワルツェネッガー(68)と5年前に破局した妻マリア・シュライバー(60)との離婚がいまだに成立していないという。元家政婦とシュワルツェネッガーの間に隠し子が発覚したことで2011年7月に破局した2人は、すでにそれぞれ新たな恋人も出来ているにも関わらずどちらも離婚を成立させる気がないようだ。

TMZによれば、2人の間には婚前同意書がないものの、すでに4億ドル(約422億円)の資産の分配については同意に至っており、4人の子供たちはすでに成人しているため、親権争いもまったく問題ない状態だという。

数々の関係者たちによるとその理由がどちらも2億ドル(約211億円)ずつ分けて方を付ける気がないという説や、とても信仰心のあるマリアが離婚を信じていないからだという説もある。

シュワルツェネッガーは以前、結婚生活の破たんが自身の人生における最大の失敗だと認めながらも、現在の状況には満足していると語っていた。「あれは僕個人としての最大の失敗だったよ。誰にも転落期というものはあると思うけど、これは特に大きかったね。でも僕はそこからまた這い上がる必要があったんだ。だって負け犬は倒れたままでいるけど、勝者とは立ち上がるものだからね」「僕も前に進んで『さぁ、どうやって心を癒して、またみんなで一緒になれるかな?』って考える必要があったんだ。今は自分の人生にすごく喜びを感じているよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop