『デスパレートな妻たち』のニコレット・シェリダン、結婚半年で離婚を申請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『デスパレートな妻たち』でおなじみのニコレット・シェリダン(52)が結婚からわずか半年で離婚を申請した。ゴシップサイトTMZが入手した法廷書類によれば、ニコレットは夫アーロン・ファイパーズと1カ月ほど前に破局していたという。

最近にはアーロンがプロポーズを考えているのではないかと噂されていたところで、2人がすでに結婚していたことも知られていなかった。

ニコレットはアーロンが配偶者手当を要求してきた場合には拒否すると裁判所に主張していると言われている。

ニコレットは子役スターのレイフ・ギャレットと1979年から1985年にかけて交際した後、1990年のテレビ映画『媚惑』で共演したハリー・ハムリンと1991年から1993年まで結婚していた。その後2004年の大晦日にはパーソナルトレーナーのニクラス・ソダーブロムと婚約したが、2005年10月に婚約を解消、そして1992年から5年間交際していたマイケル・ボルトンと復縁して2006年3月に婚約に至ったものの、2008年8月にこちらも婚約解消していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop