カルヴィン・ハリス、ジェニファー・ロペスと新曲でコラボ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カルヴィン・ハリスがジェニファー・ロペスと新曲でコラボしたいと熱望しているようだ。先週末にラスベガスのシーザーズ・パレスでジェニファーの47歳の誕生日パーティーが開かれた際、カルヴィンはコラボをしたい旨をジェニファーに伝えたと言われている。

ある関係者はHollywoodLife.comに「カルヴィンのその夜の主な目的は、ジェニファー・ロペスと話し、今後新曲で一緒にコラボできるかどうかを知りたかったのです。カルヴィンはコラボが実現したら最高なことになるだろうとわかっていますし、2人ともラスベガスにいることが多いので、一緒に仕事しやすいと分かっていますから。準備を進めていますし、実現に向けて積極的ですよ」と話す。

ジェニファーは6年前に一度は去ったL.A.リードのエピック・レコーズとレコード契約を結んだと今年発表したばかりで、カルヴィンとのコラボをするのにタイミングがいいと言えるだろう。

キャピトル・レコーズとも過去に契約を結んでいたジェニファーは、以前エピック・レコーズと契約を結んでいた際、2001年の『プレイ』や2002年の『ジェニー・フロム・ザ・ブロック』などの大ヒット曲を生み出していた。

ジェニファーの第8作目となる最新アルバムはキャピトル・レコードからリリースされた2014年の『A.K.A』で、ピットブル、フレンチ・モンタナ、T.I.、イギー・アゼリア、リック・ロス、ナズ、タイガら豪華なメンバーとコラボしている。 

一方のカルヴィンは最近、『ディス・イズ・ホワット・ケイム・フォー』でリアーナとコラボを果たしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop