『アメリカン・パイ』のクリス・クラインに第1子が誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『アメリカン・パイ』などで知られるクリス・クライン(37)に第1子が誕生した。クリスと妻ライーナ・ローズ・シーフォーとの間に23日(土)、フレデリック・イーストン・クラインと名付けられた男児が誕生し、クリスはその「奇跡」を起こしてくれた妻に感謝の意を表した。

クリスはWhoSayで「この上なく恵まれていると感じているし、僕の最高の妻と健康な赤ん坊の息子に感謝しきれないよ。ライーナが奇跡を運んでくれた」とこのニュースを発表した。

またライーナも息子が順調に成長していると報告し、さらには生後数日にしてすでに写真撮影のポーズまでマスターしているとインスタグラムに綴った。「私たちの大事な息子、フレデリック・イーストン・クラインが2016年7月23日に誕生したことを喜んでお知らせします。この子はすでに戦士のポーズをマスターしていて、順調に育っているわ。私たちの胸は愛と喜びではちきれそうよ」

4年間の交際を経て2015年8月に挙式した2人は今年の3月にライーナが妊娠していることをソーシャルメディアで発表していた。その際、クリスはライーナの膨らんだお腹を写した写真と共に「美しい妻ライーナと僕には第1子が誕生予定です。今23週目だよ。僕の37歳の誕生日とてもありがたみを感じるよ」とコメントを付けていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop