米版『ザ・ヴォイス』のゲストコーチ発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米版『ザ・ヴォイス』のゲストコーチをベット・ミドラー、チャーリー・プース、サミー・ヘイガー、ジョーン・ジェットが務めることになった。4人はレギュラー審査員兼コーチたちとそれぞれタッグを組むことになり、ベットはブレイク・シェルトン、チャーリーはアリシア・キーズ、サミーはアダム・レヴィーン、ジョーンはマイリー・サイラスといった組み合わせとなると、『ザ・ヴォイス』の司会カーソン・デイリーがテレビ番組『トゥデイ』の中で発表した。

新シーズンはマイリーとアリシアが初参加となり、8月21日の2016年オリンピック閉会式終了後に30分の特別エピソードが放送される予定だ。NBCエンターテイメントのロバート・グリーンブラッド会長は「オリンピックは、我々の最も強力な番組をこの機会がなければ見ることのないような視聴者に見せることができる特別なチャンスを与えてくれます。ですから、ブレイクやアダムに加え、新コーチのアリシア・キーズとマイリー・サイラスを迎えてこの秋の(声のみで審査を行う)ブラインドオーディション番組『ザ・ヴォイス』を開幕したいのです」

マイリーは、アリシアとの共演について「今年の『ザ・ヴォイス』はとても楽しくなると思うわよ。アリシアがいて、2人の女子が揃うのは初めてだからね。ブレイクとアダムが行ったり来たりするのをみんな観たいと思うわ」「私とアリシアは正反対なタイプよね。今日は一緒にいたけど、完全に褒め合いのオンパレードだったわ。2人とも究極にリラックスしているの。女子を一緒にテレビに出演させると、『ハプニングがあって、いがみ合うだろうから視聴率が獲得できる』って人は思うと思うわ。ドラマのようなことを番組に導いて、私達がここまで正反対になれないっていうくらいになるって展開をみんな考えているわよね」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop