ブルース・スプリングスティーン、未発表曲を収録したコンピレーションアルバムを発売へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルース・スプリングスティーンが1966年までさかのぼった未発表曲を収録したコンピレ―ションアルバムをリリースするという。『チャプター・アンド・ヴァース』と名付けられた同作は、自伝『ボーン・トゥ・ラン』の発売3日前となる9月23日にリリースされる。

全18曲を収録した同作には、スプリングスティーンのデビューアルバム『アズベリーパークからの挨拶』が発表された1973年からさらに7年もさかのぼった1966年に作られた未発表曲まで収録される予定となっており、バンドメンバーであるジョージ・テイスと共同で作曲し、10代のスプリングスティーンが1966年に所属していたザ・キャスティールズとレコーディングした『ベイビー・アイ』のほか、1967年に同バンドとレコーディングしたウィリー・ディクスンの『ユー・キャント・ジャッジ・ア・ブック・バイ・ザ・カバー』のカバー、そしてスプリングスティーンのEストリート・バンド時代からソロに至るまでのアルバムからの曲の数々が収録される予定だ。

現在66歳のスプリングスティーンが6年かけて執筆した自伝では、スーパースターになるまでの軌跡や、私生活での苦難についても語られることになっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop