ドレイクとカニエ・ウェストがコラボアルバムをリリース?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カニエ・ウェストがドレイクとアルバムを制作中であるとほのめかした。カニエの最新アルバム『ザ・ライフ・オブ・パブロ』とドレイクの『ヴューズ』でコラボを果たしている2人は、1日(月)にカナダで行われたオヴォ・フェスティバルでもカニエがドレイクのステージに突然登場して観客を驚かせていたが、その際共同でアルバムを発表する可能性を示唆する発言をした。

カニエは観衆に対して「トロントのみんな、1つ質問があるんだ。このアルバムの準備は出来てる?」「『パブロ』の話じゃないぜ。『ヴューズ』でもないんだ。この場でみんなにこのアルバムの準備が出来ているか聞きたいんだよ」と尋ねると『ファーザー・ストレッチ・マイ・ハンズ・パート1』を披露した。

その後、ドレイクが2人の計画について改めて触れ、「さっき俺のブラザーが聞いていたのは、俺たちがアルバムを作ったらみんなは心の準備が出来ているかってことなんだ」と明かした。

今年に『ライフ・オブ・パブロ』がリリースされる前、カニエは収録曲の1つがドレイクとの共同プロジェクトからヒントを得たものだと語っていた。「『ウルヴス』はドレイクと話をしている中で生まれたものなんだ。一緒にアルバムをやるかって話をしていた時、そのタイトルが『ウルヴス』だったんだよ」

そして2月にもドレイクと新曲に着手している様子をツイートで明かしており、「ドレイクは何気なく来て助けてくれたんだ。無条件でね。フューチャーも曲作りに来てくれたよ。俺たちはみんなで新作を作るつもりだし、発表もそう遠くないぜ」と伝えていた。

一方のドレイクも今年に入ってカニエとのコラボについて「ミックステープとアルバムを一緒に作るつもりなんだ」とほのめかしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop