クロエ・モレッツとブルックリン・ベッカムがリアリティ番組出演オファーを受ける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロエ・モレッツと恋人のブルックリン・ベッカムがリアリティ番組への出演オファーを受けているようだ。2人の私生活を映しだす番組の放映権を巡り、アメリカの放送局は熾烈な争いを繰り広げているそうで、どの放送局も高額な出演料をオファーしていると報じられている。ある関係者は「アメリカの放送局は2人と契約を結ぶことに必死になっていますよ」「MTVやE!も興味を持っているようです」「放送局は2人に高額の出演料を支払うつもりでいます。お金を生む番組になると思っていますからね。ブルックリンは世界の中でも最も有名な家族の出身ですし、クロエはハリウッドスターです」「テレビ業界の幹部らはずっと2人の恋愛を追ってきましたし、今こそ番組にする絶好の機会なんです。ファンたちも2人が普段どんな生活を送っているのか興味津々ですからね」と語る。

しかしブルックリンの家族はこの計画に前向きな姿勢は見せていないようだ。特にブルックリンの母ヴィクトリアは2007年に放送された自身のリアリティ番組『ヴィクトリア・ベッカム:カミング・トゥ・アメリカ』で多くの批判を受けたことがあるため乗り気でないようで、ある関係者はヒート誌に「ブルックリンの両親はどちらもこの計画を快く思っていないようですね。特にヴィクトリアは反対しています」「彼女はブルックリンがまだ若すぎると思っているのです。ブルックリンは両親の心配する気持ちを理解していますが、彼自身はセレブというステータスを使ったこの番組のアイデアを気に入っているようなので、親子間にわだかまりができているようです」「しかし来年3月にブルックリンが18歳になるまでは、どんな番組に出演するにも両親の許可が必要ですからね」「ヴィクトリアは自身の番組が放送された後に、退屈でわがままな女性だと批判されたことがあるため、自身の子供たちをこのようなことから守りたいと思っているのです。リアリティ番組は彼らが望むような露出の仕方ではありませんからね。ベッカムブランドを傷つける恐れもあります」と話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop