ケンダル・ジェンナー、スピンオフ番組の可能性を否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンダル・ジェンナー(20)が自分を主役にしたリアリティ番組のスピンオフ作の可能性を否定した。E!局による『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』により、モデルとして成功する前に幼少の頃から有名人として育ったケンダルは、父親違いの姉や兄たちが独自の番組を次々に持って行く中、自分が1人でやることはないだろうと口にした。

ヴォーク誌でのインタビューでスピンオフ番組を持つ可能性があるかと尋ねられた際ケンダルは「ないわ。私は家族と一緒にやるのが好きすぎるもの」と答えた。

最近ではモデルとしての活動が忙しく、『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』にもあまり登場することがなくなったケンダルだが、もしモデルとして成功していなかった場合には農業の道に進んでいただろうと語っている。

ケンダルこそスピンオフ番組に興味がないものの、最近では異父兄のロブ・カーダシアンが婚約者のブラック・チャイナと共に2人の第1子誕生に向けた準備の様子を描く新番組『ロブ&チャイナ』の撮影をスタートしたところだ。しかし、2人がカメラの前であまりに怒鳴り合っていることが多いため、撮影は順調に進んでいないと言われている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop