ジャレッド・レト、『ブレードランナー』続編に出演決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャレッド・レトが『ブレードランナー』続編に出演することが決まった。9月10日より日本公開の『スーサイド・スクワッド』にも出演しているジャレッドが、同作品の中で「記憶に残る、今まで見たことのないキャラクター」として登場するとアルコン・エンターテイメントが18日(木)に発表した。

それ以上の詳細はまだベールに包まれたままだがコリドーによるとジャレッドの役どころは同作品の「重要なキャラクター」だという。

同作品にはハリソン・フォードが再びリック・デッカード役で出演することが決まっているほか、ライアン・ゴズリングの出演も決定している。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がメガホンを取る『ブレードランナー』続編で、1982年作の第1弾で監督を務めていたリドリー・スコットは製作総指揮として参加することになる。

作品の詳細はまだ明らかになっていないものの、第1弾の舞台から数十年経った世界を舞台にデッカードら警察特殊部隊がレプリカントと呼ばれる人造人間たちを捕らえる任務を遂行するストーリーになるようだ。

オリジナル作品にも参加したハンプトン・ファンチャーと『グリーン・ランタン』のマイケル・グリーンが手掛ける脚本はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を基に書き上げられた。

レニー・ジェームズの出演も最近決定した同作品にはロビン・ライト、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デヴィッド・ダストマルチャン、ヒアム・アッバス、デビッド・バウティスタも出演する。

期待高まる『ブレイドランナー』続編は2017年10月6日公開予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop