ショーン・コムズ、肩負傷により1週間遅れでツアー開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディディことショーン・コムズは、肩を負傷したことでツアー開始を1週間遅らせることになった。ショーン率いるバッド・ボーイ・ファミリー・リユニオン・ツアーはオハイオ州コロンバスから8月25日にスタートする予定だったが、ショーンが術後の回復に時間を要するため、シカゴで9月1日に開始することになった。

ショーンの代理人は、このツアー延期が、素晴らしいパフォーマンスをファンに届けるために回復する本当に必要な時間をショーンに与えることができると話している。

このツアーには、リル・キム、フェイス・エヴァンス、フレンチ・モンタナなどバッド・ボーイ・レコードのアーティストたちも登場する予定だ。

そんな中、ショーンは歌手のキャシーと警察沙汰になるほどの喧嘩をした後に破局を迎えたばかりだ。先週ビバリーヒルズで車の中にいた際に、キャシーがショーンに別れ話を切り出すと、疑いの目を持ったショーンがキャシーの携帯を取り上げて中身をチェックし始めたために、喧嘩が始まったようだ。TMZによれば、ショーンはキャシーの携帯を持って車の外に飛び出し、一方キャシーはそのまま家に帰ったという。

ショーンと暮らす自宅に帰る前にキャシーは母親にショーンとの一件について話しており、母親が警察に通報するに至ったという。警察が駆けつけたときには、キャシーの手元に電話がすでに戻っていたが、ドメスティックな事件に関する報告書は作成されたようだ。

ショーンとキャシーが破局を迎えるのは今回が初めてではなく、12月にはショーンがある女性と一緒にいろいろなイベントで写真を撮られていたのが原因でキャシーが別れを告げていたとみられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop