ミーシャ・バートン、映画降板で2000万円の支払いを命じられる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーシャ・バートンが休暇に行くために映画を降板したことに対し20万ドル(約2000万円)の支払いを命じられている。映画『プロモーテッド』に主役として出演する予定であったミーシャは撮影をすっぽかしたことで脚本家のダニエル・リーフから訴えていたのだが、ここにきて20万ドルもの支払いを行わなければならなくなったようだ。

TMZに報道によるとミーシャがヨーロッパを旅行しながら休暇を楽しむ写真をソーシャルメディアで目にしていたリーフはミーシャを訴えることを決め、制作の遅延、さらに主役を再び探さなければならなかった費用が30万ドル(約3000万円)以上かかったと訴えていたという。

その一方でミーシャは険悪な仲で知られる実母ヌアラ・バートンを相手取り新たな訴訟を起こしており、2人が共同で所有しているカリフォルニア州ビバリーヒルズにある自宅から母が自身を追い出したうえに、家を買ってくれそうな顧客との連絡を拒否していることで自宅の売却が遅れているとして訴えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop