クリス・ブラウン、ドラマ『POWER/パワー』の出演はナシ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ブラウンがスターズが贈るドラマ『POWER/パワー』へ出演する話に暗雲が立ち込めているようだ。先月30日(火)に銃を女性に向けた容疑で逮捕されていたばかりのクリスは、友人50セントが手掛ける本作に出演することが約束されていたものの、スターズの幹部がクリスの評判に懸念を示しクリスの出演を止めさせようとしているようだ。

関係者の1人はニューヨーク・ポスト紙に「50セントはクリスに『POWER/パワー』のドラッグディーラーという大きな役を約束していました。ですが、50セントがスターズに最初に相談していなかったんです。このことを知って、幹部はよく思っていませんよ」「スターズは、クリスの怒りの問題を懸念してクリスをキャスティングしないと強調しています。大きな議論があり、局側はクリスにその役が与えられることはないと言っていました。このことは、月曜日の朝にクリスに知らされました。クリスは怒っていました」と明かす。

局の上層陣はクリスのキャスティングに納得いっていないようだが、50セントはクリスの出演をまだ熱望しているようで、「『POWER/パワー』の次のシーズンにあらたな風が。クリス・ブラウンを見ることになるからな」とコメントしている。

そんな50セントは、警察が自宅外に待機する中長時間の立てこもりをした後に逮捕劇されたクリスを擁護していた。モデルのベイリー・カランがクリスの自宅でダイヤモンドのネックレスを見ていたときにクリスから銃口を向けられたと警察に通報していた。50セントは、捜索令状を獲得するまで警察が11時間クリスの自宅外で待機していた模様を複数のテレビ局が映像に収めていたことから、今回の逮捕劇の公共性についてインスタグラムで苦言を呈していた。「奴が出てくるのを見たよ。彼が通らないといけなかったことはクレージーだよ。誰かが緊急番号911に自分の家で銃を抜いたって電話してから、捜査令状を待つ間11時間も私道の先に警察が待機するのかい?そんで、生中継だよ。これはVIPに違いないね。あきれてものが言えないよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop