ジェイミー・リー・カーティス、『スクリーム・クイーンズ』の1話を監督へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイミー・リー・カーティスがドラマ『スクリーム・クイーンズ』の1話で監督を務めるようだ。キャリア初期には『ハロウィン』や『プロムナイト』など数々のホラー映画で名を馳せたジェイミーが、自らもキャシー・マンシュ役で出演中の同ホラーコメディドラマでメガホンを取ることになるという。

『スクリーム・クイーンズ』は現在、シーズン2の撮影が行われているところで、ジェイミーが担当する第8話は10月12日に撮影をスタートし、11月に放送予定となっている。

ミュージックビデオや1992年にシットコム『エニシング・バット・ラブ』の1話で監督を務めたことのあるジェイミーだが、1時間ドラマでメガホンを取るのは今回が初めてとなる。

エマ・ロバーツやリア・ミシェルらが主演の同ドラマは『glee/グリー』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』で知られるライアン・マーフィーとブラッド・ファルチャック、イアン・ブレナンがクリエーターとなっており、今回ジェイミーが監督を務めることになったのも、女性や有色人種、LGBTコミュニティの人たちへエンターテイメント業界での仕事やトレーニングを提供することを目的としたマーフィー主催のハーフ・ファウンデーションの活動の一環となっており、ジェイミーが撮影する際にはファウンデーションの生徒を現場に迎えてトレーニングも同時に行うことになるようだ。

シーズン1では大学の女子寮を舞台に、大学のマスコットであるレッドデビルに扮した連続殺人鬼に怯える学生たちの姿が描かれた。シーズン2では舞台を病院へと移し、大学卒業後の生徒達の姿に焦点が当てられる予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop