マーゴット・ロビー、出会い系アプリに興味津々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーゴット・ロビー(26)が出会い系アプリに興味津々のようだ。いまだに現代のテクノロジーについて行けないためティンダーなどの出会い系アプリを自身で登録したことはないというマーゴットだが、友人のプロフィールを見るのは大好きなのだという。

出会い系サイトを使用したことがあるかという質問に対してマーゴットはエル誌に「いまだにテクノロジーには圧倒されるところがあるから、そういうのを気軽に使えるようにはならないと思うわ」「インスタグラムのダイレクトメッセージをどう送るのかさえも知らないくらいなんだから。いまだに手紙だって書くしね。友達の家とかに泊まらせてもらったら、メールではなくお礼のカードを送ったりもするわ。私は古風なの。でもティンダーには興味があるわ。友達のプロフィールを検索して『すべて見せなさい』って気分で見るの」と答えている。

そんなマーゴットは以前、恋人のトム・アッカーリーが自分の恋愛観を変えてくれたと明かしていた。「(彼に会う前は)私は究極のシングルの女の子だったの。恋愛なんて考えるだけで吐き気がしたものよ。それが徐々に私にもやってきたってわけ」「私たちは長年友達だったの。彼のことはずっと大好きだったけど、『でも私のことなんて好きになってくれるわけないわ。変な関係にするのはやめましょ、マーゴット。彼のことが好きだなんて伝える馬鹿なマネは止めるのよ』って言い聞かせていたの。でも付き合うことになって『そりゃもちろん私たちは付き合うわよね』って気分になったわ。今までのことが意味をなしていなかったかのように、この関係はあるべき姿と感じるの」

そして恋人の前ではか弱さを見せることが恋愛を長持ちさせる秘訣だと考えているそうで、「長年色んな経験をして、辛い思いもしてくると壁を作ってしまいがちよね」「ほとんどの人がそうだと思うわ。でも以前の恋愛から何かを学んで強くなるけど、そのことでより自分をさらけ出してか弱さも見せられることがカギだと思うの」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop