MTV EMAs、ジャスティン・ビーバーとビヨンセが最多ノミネート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード2016でジャスティン・ビーバーとビヨンセが最多5ノミネートを果した。 ジャスティンは『ソーリー』で最優秀楽曲、最優秀男性、最優秀ポップ、最優秀カナディアン・アクト、そしてビヨンセはカムバックシングルの『フォーメーション』で最優秀ビデオ、最優秀女性、最優秀ライブ、最優秀アメリカン・アクトと別々の部門で候補入りするなかで、最優秀ファンのカテゴリーでは両者同時にノミネートされており、賞獲得のために争いを繰り広げることになる。

この2人の後を4ノミネートのアデルとコールドプレイが追っており、アデルは『ハロー』で最優秀楽曲、最優秀女性、最優秀ライブ、最優秀英国・アイルランド・アクト、クリス・マーティン率いるコールドプレイは『アップ・アンド・アップ』で最優秀ビデオ、最優秀ライブ、最優秀ロック、最優秀英国・アイルランド・アクトにノミネートされている。

注目の最優秀男性部門では、ジャスティンのほかにカルヴィン・ハリス、ドレイク、ショーン・メンデス、ザ・ウィークエンド、そして最優秀女性部門ではビヨンセ、アデルを筆頭に、レディー・ガガ、リアーナ、シーアとトップアーティストたちが名を連ねており、熾烈な戦いを見せることになるだろう。

そのほか、リアーナとドレイクはコラボ曲『ワーク』での1ノミネートを含む3ノミネートをそれぞれ獲得し、最優秀ニュー・アーティストのカテゴリーには、べべ・レクサ、DNCE、ルーカス・グラハム、ザ・チェインスモーカーズ、ザラ・ラーソンと期待の新人たちが候補入りした。

勝者は11月6日オランダのロッテルダムで開催される授賞式で明らかになる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop