アメリカン・ミュージック・アワード、ドレイクが最多ノミネート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年アメリカン・ミュージック・アワードのノミネートリストが発表され、ドレイクが最多13ノミネートを果したことが分かった。他のアーティストたちを大きく引き離してトップに躍り出たドレイクは、アーティスト・オブ・ザ・イヤー部門、フェイバリット・ソング-ソウル/R&B部門、フェイバリット・アルバム-ラップ/ヒップホップ部門などにノミネートされ、コラボレーション・オブ・ザ・イヤー部門に至っては2ノミネートを果たしている。

ドレイクの後を追うのはドレイクと復縁するも破局報道が出ているリアーナで、2人がコラボした『ワーク』によりコラボレーション・オブ・ザ・イヤー、ビデオ・オブ・ザ・イヤーへの候補入りをはじめ、計7ノミネートを獲得している。

アーティスト・オブ・ザ・イヤー部門においては、5ノミネートを果したジャスティン・ビーバーとアデル、3ノミネートのザ・ウィークエンド、セレーナ・ゴメス、ビヨンセ、アリアナ・グランデ、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、キャリー・アンダーウッドがノミネートされているなかで、リアーナとドレイクも賞獲得のために競うことになる。

本年度の主要ノミネートリストは10日(月)、情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』の中でジョー・ジョナスとレイチェル・プラッテンにより発表され、残りのリストはスナップチャットなどで明かされた。

発表を行った2人もそれぞれノミネートされており、レイチェルはアデルやメーガン・トレイナーが名を連ねるフェイバリット・アーティスト-アダルト・コンテンポラリー部門にノミネートされ、ジョー率いるDNCEはフェイバリット・ドゥオ・オア・グループ-ポップ/ロックとニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー・アンリースド・バイ・Tモバイルの受賞候補に選ばれた。

勝者は来月20日ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催される2016年アメリカン・ミュージック・アワード授賞式で発表される予定だ。

2016年アメリカン・ミュージック・アワードの主なノミネートリスト:

アーティスト・オブ・ザ・イヤー:

アデル

ビヨンセ

ジャスティン・ビーバー

ドレイク

セレーナ・ゴメス

アリアナ・グランデ

リアーナ

トゥエンティ・ワン・パイロッツ

キャリー・アンダーウッド

ザ・ウィークエンド

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー・アンリースド・バイ・Tモバイル:

アレッシア・カーラ

ザ・チェインスモーカーズ

DNCE

ショーン・メンデス

ゼイン・マリク

ツアー・オブ・ザ・イヤー:

ビヨンセ

マドンナ

ブルース・スプリングスティーン&ザ・Eストリート・バンド

ビデオ・オブ・ザ・イヤー:

ジャスティン・ビーバー 『ソーリー』

デザイナー 『パンダ』

リアーナ feat.ドレイク 『ワーク』

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop