ジム・キャリー、死亡した元恋人の家族から訴えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジム・キャリー(54)が元恋人のキャスリオナ・ホワイトさんに関して2度目の不法死亡訴訟に直面している。先月にはキャスリオナさんの別居中の夫マーク・バートンから、キャスリオナさんが自殺に使用するような薬物を提供したとして責任を問われていたジムだが、今度はキャスリオナさんの母ブリジッド・スウィートマンが、娘がジムから3種の性感染病をうつされたと気づいたことで自らの命を絶ったとしてジムを訴えた。

TMZによれば、ブリジッドはさらにジムがキャスリオナさんを売春婦呼ばわりして侮辱し、口止めするために脅していたと主張しているという。

今回の訴訟書類によれば、2013年にキャスリオナさんが異なるタイプのヘルペスとクラミジアに感染していることを医師から告げられたとされている。ブリジッドはジムが当初、その件に関して否定的で、その後にはキャスリオナさんが別の人間から感染したと自身の関与を否定していたとしている。そしてキャスリオナさんがゾルピデム、プロプラノロール、パーコセットの過剰摂取で死亡する前、精神的に病んでいたとしている。

しかしジムの弁護を務めるマーティ・シンガー氏は、キャスリオナさんと母は長年疎遠になっていたとして今回の訴えが偽りであると主張しているとTMZは報じている。またシンガー氏は、キャスリオナさんは母からの扱いが理由でわずか15歳で家を出ることを迫られていたとしている。そしてブリジッドが娘を失った悲しみと怒りをジムにぶつけようとしていると指摘しながらも、娘の死から金儲けをしようとするバートンと同じような行為だと非難している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop