デヴィッド・アークエットに男児が誕生へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デヴィッド・アークエット(45)と妻クリスティーナに第2子が誕生するようだ。夫妻は13日(水)、2人にとっての第2子となる男児が誕生することを発表した。

元妻コートニー・コックスとの間に12歳の娘ココちゃんを持つデヴィッドは、クリスティーナとの第1子である2歳の息子チャーリー君がエコー写真を手にした姿を写した動画を投稿し、「僕の妻クリスティーナ・アークエットが男の子を妊娠中なことを、とてもありがたく名誉に感じているよ。クリスティーナに感謝、そしてこの素晴らしい贈り物を授かり神に感謝します。チャーリーとココもすごく楽しみにしているし、僕は有頂天さ!」とコメントを付けた。

そんなデヴィッドは先月、姉アレクシスを29年間のHIVの闘病生活の末に47歳で亡くしていたことから、この妊娠のニュースが家族に明るさをもたらしたことが間違いなさそうだ。

2011年に交際をはじめたデヴィッドとクリスティーナだが、2013年にチャーリー君を妊娠するまでは破局と復縁を繰り返す不安定な関係だった。しかし、チャーリー君の誕生からわずか3か月後に婚約に至り、それから1年も経たない2015年4月12日にロサンゼルスで小規模な結婚式を挙げている。

アルコール中毒の過去を持つデヴィッドは最近、チャーリー君の誕生によって自身が大きく変わり、過去の過ちを見直すようになったと明かしていた。「チャーリーが生まれてから、ココが今まで以上にいとおしくなったんだ」「息子を持ったことで過去が思い出されて、赤ん坊だったココとの有意義な時間がどれだけ恋しいか気づいたんだ」「今は歳もとったし、成長したから、子育てが毎日の素晴らしい経験だと実感できるんだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop