『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は5部作に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は5部作になるようだ。来月にいよいよ公開を控える本作は1作品で完結すると思われていたが、同シリーズの原作者J・K・ローリングが続編を製作するつもりであることをワーナー・ブラザースが明らかにした。

本作のオフィシャルツイッターには「J・K・ローリングが、この魔法が合計5作品の映画になって続いていくって認めました!『ファンタスティック・ビースト』が待ちきれません」と投稿されている。

すべての脚本はローリング自らが担当することになり、第2弾についてはすでに脚本が完成間近のようで、ローリングはツイッターでのファンからの質問に「私が脚本を担当するわ。今は第2弾の最後の仕上げをしているところ」と応じている。

同シリーズでは、エディ・レッドメインが主役ニュート・スキャマンダー、デヴィッド・イェーツが監督を引き続き務めることになるようだ。

エディのほかに、エズラ・ミラー、コリン・ファレル、ロン・パールマン、キャサリン・ウォーターストンが出演する 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、日本では来月23日に公開を予定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop