ラッセル・クロウ、アジーリア•バンクスをホテルの自室から追い出す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラッセル・クロウ(52)が他のゲストの喉を刺すと脅したアジーリア•バンクス(25)をホテルの自室から追い出したという。ラッセルがディナーと音楽を楽しもうと10名ほど友人たちを招いた際、招待されていたラッパー、RZAの友人としてアジーリアはその場に参加したそうだが、複数の関係者がTMZに話したところによれば、アジーリアがラッセルの選んだ音楽を笑い飛ばし、ラッセルと少なくとももう1人の白人男性に対して「つまらない白人男性」呼ばわりしたという。

すぐさま女性の友人がラッセルの擁護に回り、アジーリアに言葉に気を付けるよう注意を促すと、アジーリアはさらに攻撃的な態度に出たという。「私がこのコップを壊してあんた達の喉を刺して、血が飛び散ってタランティーノの映画みたいになるのを見て見たいのかしら」とアジーリアが言ったとされており、さらに黒人差別用語を何度も使用していたというが、ラッセルは驚くほど落ち着いていたと報じられている。

アジーリアが自分のガラスのコップを手に取り、あたかも投げるかのように振り上げた際、ラッセルがアジーリアを抱え込んで部屋の外まで連れ出し、ホテルの警備員に連れて行かせたそうだ。

その場にいた4人が、アジーリアが常軌を逸した態度を取って差別用語を使用していたと認めているものの、アジーリアはラッセルに首を絞められ、部屋から追い出された上につばを吐きかけられたとフェイスブックで非難していた。

現在は削除されているその投稿では「私の今夜を要約してみると、ラッセル・クロウのスイートで開かれていたパーティーに行ったら、ニガーと呼ばれて首を絞められ、部屋から追い出されて唾を吐きかけられた」「昨晩はすごく久々に眠るのが辛い日だった」「その部屋にいるほかの男たちも止めなかったのよ。今日はすごく気分が悪いわ」「すごく落ち込んでいるし、手荒に扱われて、孤独だし、とにかく今気分が滅入っているわ。私の代わりに誰かを殴り倒してくれる人がいればいいんだけど」とアジーリアは綴っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop