ABBAがホログラムで再結成!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ABBAが3D形態で再結成するようだ。10年間の活動後1982年に解散したスウェーデン出身の同グループには再結成の噂が長年流れていたが、今回スパイス・ガールズの元マネージャーとしても知られるサイモン・フラーと実現に向けて話し合いを進めているようだ。

サイモンはメンバーのビョルン・ウルヴァースとベニー・アンダーソンとホログラムで再結成の話し合いをしていると言われているが、実現にはまだ時間がかかりそうだ。ある関係者はザ・サン紙に「まだ話し合いは始まったばかりです。ホログラムをステージで使用することは新しいコンセプトでもありません。その技術はすでに利用可能になっていますし、エルヴィス・プレスリーやマイケル・ジャクソン、フランク・シナトラらの登場するショーに使用されています」と話す。

実現した場合、ベニーとビョルンは1977年から1979年のABBAの活動に焦点を当てたステージにしたいと考えているようだ。

2人がラスベガスでサイモンと一緒にいる姿を目撃されて以来、何らかのショーを企画しているのではないかと囁かれていた。

そんなABBAは今年の6月、ベニーとビョルンの出会いから50年が経過したことを記念して、ストックホルム内のホテルで久々に顔を揃えていたが、アグネッタ・フォルツコグとアンニ=フリッド・リングスタッドが2人で『ザ・ウェイ・オールド・フレンズ・ドゥ』を歌っただけで、4人で歌を披露することとはなかった。

ABBAはかつて再結成ツアーに向けて10億ドル(約1040億円)という巨額を持ちかけられたことがあったが、ツアーには興味がないとしてそのオファーを断っていた。アンニ=フリッドはそれについて「いくらお金を積まれても私たちの考えは変わらないわ。何かレコーディングとかで一緒に歌うのはいいかもねという話が出ることもあるけど、それだけよ。その話だって実現するかも分からないしね」と話していた。

ABBAは2010年にロックの殿堂入りした際にもパフォーマンスを披露しなかった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop