ブラッド・ピット、長男に面会を拒否される?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラッド・ピットが長男に面会を拒否されてしまったようだ。先月妻アンジェリーナ・ジョリーが離婚申請を行って以降、アンジェリーナが一時的な親権を獲得していたために子供たちと会うことができなかったブラッドは、10月8日にようやくブラッドのロサンゼルス宅で子供たちと面会する機会が与えられたのだが、その際に長男のマドックスは参加していなかったと報じられている。ある関係者は「マドックスはアンジェリーナと一緒にいることを選んだので参加しませんでした」とコメントする。

カリフォルニア州の法律の下、マドックスは14歳を越えているためにどちらの親と一緒に暮らすかを選ぶ権利を持っている。

アンジェリーナが離婚申請を行う前にプライベート機の中でブラッドと喧嘩になったマドックスがブラッドに暴力を振るわれたと報じられていたが、別の関係者らはマドックスがアンジェリーナととても近い関係であるためブラッドには二度と会いたくないと思っていると話している。

2002年にアンジェリーナが養子としてマドックスを迎えた後、2006年にブラッドも正式に養子として迎える手続きを行っていた。しかしある関係者はUsウィークリー誌に対し「マドックスは自分自身がブラッドの息子だとは思っていません」とコメントする。

ブラッドと面会を行う前にすべての子供たちはセラピストとの面談を行わなければならなかったそうで、やっと面会を果たした際ブラッドは感動していたそうだ。

ブラッドはその面会が子供たちにとって良いものになるように心がけていたというが、すべてが上手く行ったというわけではなかったようだ。

現在アンジェリーナは子供たちの永続的な単独親権を求めているところだが、関係者らによるとアンジェリーナは子供たちにブラッドのことを悪く思ってほしくはないと考えているという。「アンジェリーナは子供たちにブラッドのことを悪く思わせようとはしていませんよ。子供たちの健康と安全が確実なものになるならば、ブラッドとの関係を築いてほしいと考えています」

しかし今のところ次の面会の予定はまだ立っていないという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop