デュラン・デュラン、ASCAPゴールデン・ノート賞受賞へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英バンドのデュラン・デュランが米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)からゴールデン・ノート賞を授与されることになった。『グラビアの美少女』『プラネット・アース』などの名曲を生み出してきた伝説のバンド、デュラン・デュランが、キャリアを通して多大な功績を残したソングライターやミュージシャンに贈られるこの名誉を受け取ることになった。

ASCAP のポール・ウィリアムス会長は、「デュラン・デュランはポピュラー音楽に革命を起こしました。彼らはシンセポップやニューウェーブのパイオニアであり、この業界で稀に見る素晴らしい成功を収めました」「この非常にユニークで革新的なグループにASCAPゴールデン・ノート賞を喜んで授与いたします」とコメントする。

ボーカルのサイモン・ル・ボン、キーボードのニック・ローズ、ベースのジョン・テイラー、ドラムのロジャー・テイラーからなるデュラン・デュランは1978年にイングランドのバーミンガムで結成され、80年代のポップシーンで一世を風靡した。幾度となくチャート1位に輝き、世界でのレコードセールスは1億枚を超え、グラミー賞、ブリット・アワード、アイヴァー・ノヴェロ、MTVビデオ・ミュージック・アワードなど、世界に名だたる賞で受賞を果たしている。

ASCAPゴールデン・ノート賞の受賞者には、ジェフ・リン、アリシア・キーズ、ライオネル・リッチー、エルトン・ジョン、ジョージ・マイケル、スティービー・ワンダー、クインシー・ジョンソンらがいる。

授賞式は11月10日ロンドンのワン・エンバンクメントで開催される予定で、ヴァンガード賞、グローバル・インパクト賞、ソング・オブ・ザ・イヤー、トップ・デジタル・ソング賞などがアーティストに贈られることになる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop