レディー・ガガ、デヴィッド・ボウイへの追悼パフォーマンスは乗り気じゃなかった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディー・ガガはグラミー賞で故デヴィッド・ボウイを追悼するパフォーマンスをすることに「心地悪さ」を感じていたそうだ。今年2月にボウイのヒット曲を同授賞式でパフォーマンスしたガガだが、依頼を受けたときは1月にボウイが亡くなったばかりで時期早々と感じたために最初は乗り気ではなかったという。

「(ボウイが亡くなって)すぐだったから、最初に電話を受けたときは本当にやりたくなかったの。とても心地が悪かったわ。でも、私がその夜の最高のショーになるように願う内容にするために最善を尽くしたの」

ガガの追悼パフォーマンスは賛否両論となり、ボウイの唯一の息子ダンカン・ジョーンズからはツイッターで「興奮しすぎる、または、理性を失う、多くの場合のぼせあがり、または、過度に熱狂した結果である。精神的に混乱した状態。一体なんなんだこの言葉は」というコメントが寄せられ混乱を招いていたが、結局はオックスフォード英語辞書の「gaga」の意味を引用したものだったことが分かっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop